One Day I'll Fly Away


by ko-kojien
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

10円玉の旅がらす

そもそもおみくじを引きたいと思ったのは、
京都に行きたいと思ったからかも知れない。

僕は並の日本人と同じ様に京都が好きだ。
年に2回は行きたいと思う。

名古屋に住んでいればなおさらだ。

だから京都に行きました。
日曜、日帰り、18切符。
全てが予定通りなり。

もっとも当初の予定は1人旅だったのだけれど、
同期に話したら意外に乗り気で男2人旅になった。

まず1日の始まりはお寝坊さんの同期を起こすところから。
6時に黙って部屋に忍び込みドッキリのノリで、
「おはよぅございまぁ~す」

その後風呂に入り名古屋駅から東海道線。
意外なほど混んでて大垣からしか座れず。
京都までは熟睡‥あっという間に京都。

はやいなぁ さすが名古屋だ ど真ん中

生まれて24年とちょっとが経つけど、
10円玉の平等院鳳凰堂をみたことがなくそれを観に行く。

もっと言えばそこでおみくじを引こうと思ったのだけれど、
お堂なのでおみくじがないという憂き目に遭う。

初めて見た鳳凰堂は10円玉そのものでなかなか良かった。
もっと言えば物凄い小さい時に見たことがあるのかも知れないけど‥。

まぁ、良いや。

さぁおみくじおみくじ。
と俗っぽいこと考え京都の街に戻り、気付いた。

お腹減ったのだ。

以前学生時代に1人旅をした際食べた親子丼を思い出し、
(半ば天才的な)方向感覚と記憶をもとに辿り着く。
途中怪しくなり京都出身の友達に聞きました。

食後、ブラブラと歩き三寧坂などを経由し清水寺へ。
ここならおみくじは必ずあるだろう。

確信をもって行ったら果たしておみくじ。
1回100円。

最初から2回引こうとムダに決心していたので、
まず拝観料払う前のところでガッシャガッシャ。

吉。

拝観料を払い、
清水寺本殿の中でワッシャワッシャ。b0034633_2365115.jpg

大吉。

きたよこれは!
偶然にしてはできすぎだ。

                          大吉をひく前の様→

今思い出すとその瞬間。
清水の舞台から飛び降りんばかりの興奮ぶりだった。

全く信仰心のない僕もなんかあるんじゃないかと思ってしまう。
おみくじ‥なんて危険な香りのする逸品。

信じない だけど少しは 期待する おみくじ買った 我はいずこへ

あんまうかれないで生きていこうと思いました。
[PR]
by ko-kojien | 2007-01-16 23:27 | Traveling Note

Doomsday

読書の好きな人の最終的に行き着く本は、
どうも宗教の本らしい。

と親父が言っていた。

ウチの家系は読書が好きなことで有名ですが、
その親父が言うのだからまぁ間違いないだろう。

多分、又聞きだろうけど。

何となく分からんでもない。
読書をして知識を得て、人が晩年思うのは"死"についてだと思う。
身体的にも精神的にも"エロス""タナトス"に転換するんだろう。

僕は、思い起こせば、意外と宗教本に接してきた。

親戚がお寺と言うこともあり、
幼少の頃、真言宗の経典を読んでいた。

お陰で今でも何個か暗誦できる。
漢字も覚えた気がする。

高校時代には学校前で配ってた聖書で、
英語の勉強をしていた。
内容も結構好きだった。
世界史っぽかったし。

何気なく今までの人生で、
世界3大宗教のうち2つには触れてきた。

となると、もう1つのイスラム教-コーラン

これを読むことで、
今度は現代社会が学べるかも知れない。

3大宗教制覇目前だ。
この歳にして読書の行き着くところまで来てしまったのか!?

いやいや。

まだまだ俗っぽいことに触れておこう。
最近小説を読んでる時間が1番充実している。

それよっか今以上にこの生活の中で、
"タナトス"について考えたらホントにどうにかなってしまう(笑)

まったく信仰心のない僕ですが、
取りあえず今年の具合は気になるもので、
わざわざ日曜京都に行ってまで占ってきます。

その手段は‥
おみくじというもっとも俗っぽい方法で。

交通の手段には‥
いかにも俗っぽい青春18切符を使用して。
[PR]
by ko-kojien | 2007-01-14 01:05 | My Thought

Something about me

2007年が始まってもう1/3が経とうとしている。
この何日間で環境が劇的に変わった。

一気に、止まることなく。

そんなこと言っても時間は戻らないし、
明日から仕事だし。

生きていかなきゃいけないし。

僕は‥

一筋縄ではいかない性格でクセもある。
分かりやすいかも知れないけど、実は繊細だ。

友達は多い方じゃないけど親友はいる。

意外に博識でちょっとマニアだ。

「ボディビルダーやったら結構イケたと思う」
とトレーナーの友達に言われるくらい、
ストイックにもなれたりする。

甘いものとコーヒーが好きで、
生卵とゴマを食べるとアレルギーが出る。

ロンドンとニューヨークに憧れているけど、
東京が1番好きな街だ。

散歩をするのが趣味で、
方向感覚なら人に負けない。
今1番欲しいのはプジョーの自転車。

人の買い物に付き合うのが好きで、
服は見ているだけで楽しい。

女っぽいらしい。

ちゃんと人を好きになれるし、
変わらず想い続けることができる。

ずっとだ。

今年25歳になる。

多分1週間があっという間に過ぎて、
2月も飛ぶように過ぎていったら松本に行く。
松本でも慌しく過ごして2007年が終わるだろう。

自分で言うなよってことばかり列挙してみたけど、
24年で創り上げた僕はそうそう変わらない。
性格も性質も好きなものも、気持ちも。

何かが付け足されていくかもしれないけど、
本質は変わりようがないのです。
ここまでくるとね。

となると‥どうしよう。
今年の目標は。

"ただ、生きる"

だな。
生きていればこそ。

そんな2007年も良いかな。
[PR]
by ko-kojien | 2007-01-08 23:17 | My Thought

各駅停車の恋

表題の件ですが‥。

2006年生まれて初めて使った言葉。
そんな私は社会人。

2006年は飛んでいった。
1日1日は長いと感じたけど、
月・年単位ではホントにあっという間。

時間は大切である。

気付いたのだけど社会人は時間を切り売りして、
なおかつ時間を金で買う種族だ。

だけど僕にはそんな観念はない。
時間にはゆとりを持って過ごしているし、
有効に使っている自信があったりなかったり。

もっともその人の感覚にもよるのだけど。

例えばの話し。

僕は東京に帰りたがり屋さんです。
多分名古屋にいる誰よりも。(Top 30には入ってるはず)

出来うるならば、毎週でも帰りたい。
ただそれにはmoney的な問題があるので‥。

そんな僕を助けてくれるものが、"青春18切符"
期間限定で格安で帰れる魔法の切符です。

んが‥。

まー時間がかかるかかる。
何てったって各駅停車しか乗れないんだから。

名古屋から東京まではだいたい6時間。
関節バキバキになるには充分な時間です。

この切符を夏に初めて使って以来、
少なくとも5回は帰っている。

1.寝る
2.本を読む
3.外の風景を眺める
これが6時間の使い道。
電車に乗ること含め全てが趣味。

超有効活用なのです。

本音は光よりも早く帰りたい。
‥つまりはのぞみで帰りたいのだけど、
趣味と実益を兼ねたこの手段はなかなかどーにも。

各駅停車は良いよ。
ゆっくりだけど必ず進むから。

あっという間に過ぎていった2006年だけど、
各駅停車のまだ一駅目です。
[PR]
by ko-kojien | 2007-01-01 23:38 | My Thought