One Day I'll Fly Away


by ko-kojien
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

わびさびわさび

先日東京から来た人と仕事をしていて、
移動時間に色々語り合った。

その人は武蔵小杉に住んでいるそうで、
それだけで懐かしくなって話が弾んだ。

東急目黒線に急行ができたこと
だけどまだ日吉まで繋がってないこと

僕にとってはとても貴重な情報だった。

帰りたい‥。
つい口にしそうになってのみ込んだ。

うなぎが好きだとその人が突然言った。
「僕は東京のうなぎより名古屋の方が好きなんだよ。」

やたらうなぎに詳しかった。
東と西では調理方法や捌き方が違うこと。
その境界線が豊橋あたりに引かれていること。

ふ~ん。

「でも僕うなぎ食べたことないんですよ。」
「なぬ?」

嘘じゃなくてその人は確かにはっきりと「なぬ?」って言った。
「名古屋にいてうなぎを食べないのはないよ!」
半ば怒り狂わんばかりである。

子曰く、名古屋には2店舗老舗がある。
「蓬莱軒」「いば昇」、名古屋のひつまぶしといえばこの2軒だ、と。

今日、9月も終わらんとするこの良き日に、
同期と散歩に出かけこのうなぎの話を思い出した。

その同期も愛知に生まれ育ちながらも、
未だ蓬莱軒を経験していないそうで2人の思惑が一致。
晴れて蓬莱の玉の枝をもぎ取りに向かったのでした(竹取物語参照)。

土曜の昼に向かったのはよりによって熱田の本店。
支店は名古屋の街中に何店かあるんだけど、
本店は備長炭で焼いていると言うので。

予想通り混んでました。

やっとこ案内されたカウンター。
調理場の中が見える実は特等席。
よしよし、ちゃんと備長炭で焼いとるね。

真っ昼間っからビールなんぞを頼んで待っていると、
櫃にうなぎがまぶされて出てきた。

1杯目はそのまま。
2杯目は薬味を混ぜて。
3杯目は薬味とだしをかけて。
4杯目は自分の好きな味で召し上がれ。

これがルールらしい‥メニューに書いてあった。
根が純粋な僕はそれにしたがって頂きます。

とても美味しかったです。

特にわさびが。
甘いんだわさびが。

いつだったか本当のわさびは甘いと何かの本で読んだことがある。
一緒に行った同期もそのことにひたすら感動していた。

「こーじ、わさびあめぇよ!」
したたかに酔った彼は大きな声で言うのでした。

薬味として出されたわさびスプーン大盛り3杯を、
余すところなく使ってひつまぶしを食べました。

何事も、本物を経験しないとねというお話。

そして名古屋の文化に触れて、
東京への寂しさが緩和されたような(笑)
[PR]
by ko-kojien | 2006-09-30 23:35 | My Thought
トロッコに乗ることになりました。

嵐山での出来事です。

実は竹林が見れたのは偶然の産物で、
当初の目的は渡月橋と天龍寺だった。

道間違えただけど結果オーライ。

その竹林の小道に道しるべがあって、
"トロッコ嵐山駅 →"
て書いてあった。

"→"
行ってみるしかない。

行ってみたら、保津峡沿いに電車が走ってるらしい。
当初乗る気のなかった僕も説得されまして、
トロッコに乗ることになりました。

亀岡と嵐山(細かく言えば嵯峨)を往復していて、
保津峡の春夏秋冬を堪能できるらしい。

春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪
風流極まりない。

で、今は夏。b0034633_2215595.jpg
ホントにトロッコ、横の窓がない。

緑一色の保津峡は、
とても気持ちが良かった。

個人的には秋の紅葉が見たい。
春の桜も良いけれど‥。

山が燃える様な赤になる。

乗ったトロッコ嵐山駅に帰ってきて、
渡月橋を目指して再び自転車。

程なくして渡月橋。b0034633_2281694.jpg
下にはさっきまで見てた保津川が、
名前を桂川に変えて流れている。
"くまなき月の渡るに似る"
だから渡月橋。

ホント風流極まりない。

だから好きだよ、京都。

そんな中、男2人いるとどうしても渡りたくなってしまう。
渡月橋をではなく、桂川そのものを。b0034633_22203712.jpgb0034633_22245292.jpg










左                            右
川底痛ぇ痛ぇって言ってる所だと思う。       川の中州から撮った渡月橋。
結構流れも速くておっかなびっくりだった。    苦労の対価は素敵な思い出ですな(笑)
b0034633_2230511.jpg

べらぼうに突拍子もない旅だったけど、
記憶に残るものだった。

素敵な2006年、夏の終わり。
[PR]
by ko-kojien | 2006-09-02 22:39 | Traveling Note