One Day I'll Fly Away


by ko-kojien
カレンダー

<   2004年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Big 10 incidents 04

今年も色々な出来事がありました。
その中でも自分の中で心に残っている出来事を10個。

1.海外逃亡
今年は海外逃亡を積極的に行いました。
2月、インドでタージマハルを見て感動&インドの風邪に悩まされる。
3月、パリでルーブル美術館を見て感動。
4月、ロンドンで大英美術館を見て感動。
9月、香港で夜景と中華料理に感動。
11月、カナダでナイアガラの滝に感動。
11月、世界の首都NYCを見て感動。

どこの国に行っても満喫してきた。
旅をともにしてきた方にはお礼申し上げます。

2.長尾ゼミに入ったこと
大学でHomeが出来た。
かけがえのない仲間と、研究に酔いしれる。
早いものでもう1年、これからも我らが研究会に光あれ。

3.『Saatchi Gallery』
Londonにある美術館。
ダミアン・ハーストと言う好きな芸術家の作品が展示されてる。
それ以外の作品もどれもこれもがぶっ飛んでて非常に面白い。

テムズ川のほとり、London Eyeのすぐ横にあります。
行って見る価値ありあり、また絶対行こ♪

4.EURO 2004
W杯より面白いともいわれている、サッカーの祭典。
これのお陰で、6月から7月にかけては昼夜逆転の生活が‥。

全然苦じゃなかったけどね(笑)。
Ola!vitoria!

5.Keane
今年のBritish Musicの中では一番良かったバンド。
好きなピアノサウンドの中でも特に秀逸な作品の一つ。

6.『7%』&青柳小
今年の夏の2大テーマ。
『7%』の方は、結構簡単にクリアできてその先を求めてしまい身体に負担が‥。
青柳小はホント情熱をかけてやった。
あの姿勢は、ちょっち自慢できます。

7.Weblog
親友に『やってみそ』と言われ始めてみたら、結構日常に組み込まれるまでになった。
まめな性格を改めて認識。

きっと何かにつながると信じてます。
継続は力なり。

8.MoMA
史上最強のMuseum。
これなしでは2004年は語れない。
それだけの衝撃と感動を与えてくれた。

詳しくは下のURLで絶賛自慢中♪
MoMA 1
MoMA 2

9.U2
今年1番とりこにしてくれたバンド。
11.12月は毎日U2を聴いていたと思う。

10.Nobody Knows
今年話題になった映画じゃありません。
誰も知らない、それで良い。

もしかしたら、自分でも分からないことかも知れない。

‥‥それはないな(笑)。

今年の最後に、こんなへっぽこ日記に来てくださった方々に感謝。
来年はもっと精進します。
良いお年を☆
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-31 02:22 | My Thought

吃驚大自然

自然が牙をむいた一年だった。
異常気象 All around.

地震に台風、年の瀬になって津波。

天災の酷いとこは、怒りの矛先を誰に向けていいのか分かんないとこ。
あんな強大な力には到底太刀打ちできない‥。

人間色々地球を痛めつけてるから、地球が怒ってんのかな。

29日は滅多に降らない雪が降って、たったそれだけであたふたした。
雪に対して備えがないから、対処の仕方がわからない。

雪の重さに耐えかねて、木がボッキリ折れて道塞いでるし‥。
あれは焦った‥自然環境自体対応できてない。

そうかと思えば、人間を感動させてくれるようなことももたらすし‥。
自然の力は計り知れない。

人間が何でもできるなんて思っちゃだめだと、
『ブラックジャック』で手塚治虫が言ってたけどその通りだ。
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-30 00:50 | My Thought

北風ピープー

正月を過ごすため帰省してみた。

とは言っても何をするわけでもなくのんびりゆったり。
年末年始くらいそんなまったり系も許されるかな。
良いねぇ、まったり大好き‥毎日まったりだけど。

だけど、チョット北に上ってきただけで小悪魔復活な気配。
その名は『しもやけ』。

ちと恥ずかしい‥冷え性はつらいよ。

今年は色々身体が小技に苦しめられた一年だった。
手は洗剤にやられるわ、足はしもやけにやられるわ。

最近は整形外科に行ったら、
『左手の手首の腱、損傷してましたね。』と言われた。
そういえば、サッカーしてて手を付いた以来痛かったんだった。

気づかないのも凄いけど、手首の腫れだけで気づいた先生も凄い。
やっぱプロフェッショナル、職人の技。

来年はどんな怪我をするんだろう。
全然楽しみじゃない(苦笑)。

明日は、手打ちそばを食べに行きます。
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-29 00:48 | My Thought

The lights changed to go

一つ先の信号

信号の変わり目を自分で見分けることができるようになった。
でも、そうなれたのは自分の力だけじゃないです。

人は困った時人に相談をする。
こういう時は自分の考えを認めて欲しい時、
もしくはその境遇を励まして欲しい時だと親友が教えてくれた。

誰もが、カウンセラーだ。

相談するのに躊躇いはないし、相談されるのも嫌いじゃない。
相談することで信号が変わることも有る。

今までは変わってても『変わってない』と思い込んでたけど、
今の信号は『進め』です。
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-28 03:08 | My Thought

幸せ分かち合い隊

今年も色んな人にお世話になりました。

今年出会った人もそうだし、その前からの付き合いの人もそう。

精神的に高めてくれた人、心を満たしてくれる人、
肉体的に高めてくれる人、時間を共有して共に創り上げていく人(達)。

色んな人がいます。
この人たちにはホントに感謝を伝えたい。
果たして自分はその人たちに還元できているのか不安です。

実に不安。

その中でも取り上げておきたいのが、高校からのとある友人。
はっきし言ってこれほどの深い付き合いの友人はそんなにいない。

このおぼっちゃんは、とりあえず凄いシャイ。
そのくせ結構考えがはっきりしてて、スポーツが大好き。

何故か気が合う。
それは、お互いの扱い方を知っているからかな。

そしてこのおぼっちゃん、常人では耐え難い困難を乗り越えた男。
それは、今巷で何かと取り上げられる重度の病気。

この病気にかかったことをメールで知ったのは忘れもしない日韓W杯の決勝の日。
実はW杯をこのぼっちゃんの家で観ることが多く、その時に体がだるいことを聞いてはいた。

その原因が『白血病』だとは思いもしなかった。
愕然としたのを憶えています。

次の日になってもう一人の親友と『まだ来るな。』と言われていたのに、
無理やり病院に押しかけて行きました。

行っても何もできないことは知っていたけどそんなのは関係なかった。

その頃から始まった闘病生活は200日。
今も治療は続いています。

今ではほぼ変わらず生活できていることが、嬉しくて仕方ない。
普通に酒も飲むし、一緒に買い物にも行くし。

色々考えることも有るけど、『生きててくれてありがとう。』

ちなみにこの自伝がこのブログからどうにかすれば見れます。
自分でなんか直木賞とか言ってるけど、どうなんだか(笑)。

ただ当時を知ってる立場から読めば凄い作品です。

でも俺ら共通『幸』を持ってるんだから、幸せになれっぞ♪
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-27 01:41 | My Thought
今年もたんまり映画を観ました。
基本的に邦画より洋画重点的に観てたから偏りはある。
でも、まことに僭越ながら勝手に順位をつけさせていただきます。

そんな訳で今年の邦画と洋画『Best.5』の発表です!
ちなみに邦画はたぶん5本しか観てません。
洋画は際限なく観たけど。

まずは邦画の第5位!
ダララララララララ‥‥ドラムロールだるいな。
次からは順位の前に頭の中でドラムロール鳴らす方向で!

って5位か、5位。

第5位!
『夏解』

ベーチェット病に罹り失明までを追った映画。
映像も綺麗で配役も良かったと思います。

第4位!
『深夜特急』

大沢たかお再び‥ってか映画じゃないしみたいなね‥。
でも今年の夏に読み返してはまった小説の映像版。
前にも見たんだけど改めて観るとまた違う。

第3位!
『カリオストロの城』

何回観ても良い。
俺の心も奪われた(笑)。

第2位!
『半落ち』

これは忘れもしないロンドンからの帰りの飛行機。
他の人に聞こえようが何しようが関係ないほどの嗚咽を漏らした映画。
上映が就寝時間に重なっててホント良かったと今では思うくらい泣いた。

第1位!
『今、会いにゆきます』

上映中だしネタはバラさないけど珠玉の名作だと思う。
ホント観に行って良かったなと思った。

こればっかりは他の人の意見・評価にばっちし重なる。
純ちゃん‥観に行きな(笑)!

次洋画~♪

第5位!
『Deep Blue』

ノンフィクションで『海』を色んな角度から綺麗な映像とともに撮影。
ご飯の後だとちと眠くなる。

第4位!
『Love Actually』

今年の初めに観に行ってちょっと思い出深い。
異なる登場人物たちの話が最後にまとまる。
心温まる映画。

第3位!
『Monster』

結構衝撃的だった作品ではダントツ。
事実に基づいて作られた話は結構好き。
いったい誰が『Monster』なのか‥人それぞれかな。

第2位!
『Load of The Ring』(3部全部)

すいませんでした。
3部作嫌いを見事矯正してくれた映画。

第1位!
『私はうつ依存症の女』

何でこれが1位か?
ゼミでの思い出が詰まってるからです。
内容も結構研究内容に即してるし、ここまで映画を分析したのは初めて。

シーンさえ見れば次の台詞や表情が分かるほどになったくらい‥。
『おまめちゃんズ』ほんとお疲れ様、でも楽しかったです。

ランキング自体記憶とともに曖昧です。

六本木ヒルズの映画館で上映前よく流れているように、
映画の内容を評価する人と映画そのものを楽しんでいる人。

果たしてどっちが本当の映画好きなんだろう。
評価も大事だけど、きっと後者だといいたいんだと思う。
とすると、ランク付け自体が無粋なものなのかも知れないなぁ。


来年も(良い)映画に出会えますように。
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-26 01:44 | Music , Movie & Art

ドレミファシルミド

他の人の『絶対良い!』という映画。
『絶対良い』って時と『そうでもないぞ』って時がある。

でもそれは人の感性それぞれだから別になんとも思ってない。

なんとも思ってないけどやっぱがっかりはする。
今年一番がっかりしたのが『シルミド』。
韓国映画でなかなか話題になった。

実話らしいんだけど‥It wasn't touching my heart.
ネタばらしますから観てなくて観ようと思ってる人はご注意を。

この映画の概要から。
まず死刑囚とか凶悪犯罪者をピックアップします。
次に彼らを一つの島に集め徹底した軍隊教育を施します。
その目標は秘密裏に北朝鮮の平壌で金日成を暗殺すること。

集められた島が『実尾島』、つまり『シルミド』。

そこでの苦楽が述べられてて、確かに感動する人もいるとは思う。
ラストも芽生えた友情やそのおかれた境遇に同情してしまいそうになった。

だけども‥。

途中で一つの矛盾を感じ始めてから一歩引いてしまった。

そもそも集めたのは死刑囚や凶悪犯罪者。
それは分かる、屈強で闇の仕事を扱うにはもってこい!

でもその人たちが、どうしても人を殺めたようには思えない。
なんせ笑顔が可愛い!

そして彼らがいつの間にか団結してしまう。
そんなに人間性に富んでいるなら人を殺す訳がない!

以上の観点から観る視点がどんでんがえされてしまい感情移入できなかった。
ひとえにひねくれているからなんでしょうか‥。

確かに自分も『絶対泣くから観て。』とか軽々しく言った覚えがあります。
勧められて観た友達はその映画『初恋の来た道』では泣きませんでした。

世の中に絶対はない。
言い返せば『絶対絶対はない。』ということ?

なんやら哲学的になってきた。

繰り返しになるけど、人の感性は様々だから♪
良いと感じる人もいるから興味があれば観てください。
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-25 01:45 | Music , Movie & Art

What I'm looking for

おっととっと‥夜思い切り『U2』の
『I still haven't found what I'm looking for』
の歌詞を載せたけどもしかしたら著作権とか抵触すんのかな。

そんなことに少しびくびくしながら手直し手直し。

『I still haven't found what I'm looking for』
は結構昔の曲だけど歌詞もメロディーも良くて好きな曲。

あと、綺麗な『韻』の踏み方。
この『韻』は結構『U2』の特徴だと思う。

古代中国から『韻』を綺麗に踏んだ『歌』が名作とされてきて、
その踏み方が綺麗であればあるほど評価が高かったと漢文で習った気がする。

漢詩を読むと言っても本場の中国語で読んでなかったから、
全ての良さが伝わったとは思ってないけど何故か好きだった。

そして予備校の時。
中国語で漢詩を聞いた時には感動を覚えた。
その中で一番感動したのが『韻』の踏み方だった。

『韻』の部分を聞くたびにぞわぞわーっとした。

邦楽でも『韻』を踏む歌は有るけど、洋楽ほどの心地よさがない。
だから洋楽が好きなのかもしれないなとも思う。

その中でも『U2』結構際立ってる。
現代の『杜甫』『李白』『白居易』といった感じ。
きっと後世『U2』も古典として扱われるんだろうなと思うとちょっと嬉しい。

‥‥そうかぁ、『韻』フェチだったんだな(苦笑)。
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-24 02:38 | Music , Movie & Art

Good Bye My Wall

年内にしておきたいことがいくつかあった。
来年をなるべく良い状態でスタートできるために。

そんなこんなで今までの大学生活で一番の壁を見事崩壊させる。
良いも悪くもずっと何とかしなきゃと思ってたもの。

長かった‥。

今まで何度となくチャレンジしたものの中途半端でした。
壊したくてもいつもフラフラして残してた気がする。

でももう今度は完璧になくなったでしょう。
‥なくなったことを願います。
お願いします‥(苦笑)。

そのあとに何を創るか。
そんで拓くかだな。
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-23 12:22 | My Thought

Elevation

今日で2004年の大学の授業は終わりかぁ。
あっという間だったですね。

最後になって満ち足りた日々だった。
なんか最近‥うん。

冬休み課題が満載でちと窮屈だけどがんばろ。
[PR]
by ko-kojien | 2004-12-22 01:47 | My Thought