One Day I'll Fly Away


by ko-kojien
カレンダー

<   2004年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

『0』からはじまるNY

21日。
この日はNYC一日観光でした。
朝からNYの観光名所と呼ばれる所を駆け巡るコース。

まずダウンタウンに下っていって、
フラットアイアンビル、ワシントンの凱旋門をざっと見る。

その後は‥『Ground Zero』


b0034633_0524811.jpg

b0034633_053321.jpg

その一画だけホントになんもない。
NYで最も高かった2つのビルが消え去った所は、異様に空が高い。

なんとも言えない光景。

跡地には1つだけまたマンハッタンで最も高いビルと慰霊碑が建てられるということ。
二度と崩れることのないように願うだけです。

その次に『自由の女神』
これもまたNYCのでっかい象徴です。
b0034633_101915.jpg

女神さんがいらっしゃるリバティー島まではフェリーで。
最初の方に行ったからそんなに混んではいなかったけど、
後になればなるほど凄い人の数になって、フェリーはイモ洗い状態。

やっぱり人気者だね、スタチューは(笑)。

その後ご飯を食べて国連、ゴジラ松井のいるマンション、
ミッドタウン、セントラルパーク、ハーレムetc...をまわる。

その中でちょっと気になってたのが『ダコタハウス』。
1980年、『Beatles』好きにはなんとも言えない場所になった‥。
セントラルパーク沿いに建ってて、そこから少しパークに入っていくと
b0034633_192872.jpg

『イマジンの碑』とか言うのがあって、ここはヨーコの私有地なんだそうだ。

そんなこんなで前半戦終了で、後半戦は夜景とお食事。
ブルックリン地区にある洒落たイタリアンレストラン。
イタリアンレストランなのにスペイン語(苦笑)。
さすが『人種の坩堝』だぜ。

ブルックリンブリッジの袂からみたマンハッタンは凄かった。

マンハッタンに戻ったら『エンパイアステートビル』
くしくもNYCで一番高いビルになってしまったビル。

着いた瞬間は夜景も見えていたけど、
いつの間にか霧に覆われて一面真っ白けっけ。
だけど寸でのところで一面展望できたからよしとしよう。


移動がバスだったからかそんなには疲労は残らず。
それよっかミッドタウンからセントラルパークあたりの観光は、
自分たちで結構先回りしてみてまわってた所が多くてちょっと優越感(笑)。

俺たちの行動力、機動力、無鉄砲さをナメちゃいけません!

8.0 / 61.2
[PR]
by ko-kojien | 2004-11-29 01:27 | Traveling Note

Idle Photo


b0034633_19171058.jpg

b0034633_19195777.jpg

[PR]
by ko-kojien | 2004-11-28 19:20 | Traveling Note

Finding 『MoMA』

20日。
グッゲンハイムやメトロポリタンもそうだけど、
それ以上にどうしても行きたい美術館がありました。

それが『The Museum of Modern Art』
通称MoMA

何年か前からマンハッタンからクイーンズに一時移転して、
見に行こうと思っていたのもクイーンズの方を当然考えていた。

所がどっこい‥!

なんと20日にマンハッタンに帰ってくるという話!
20日にグランドオープンだという話!
しかも入場は無料だという話!

なんと言う幸運。

ご飯を吉野家で食べて、MoMAのある53丁目に行くと、
そこには恐らくNY中から、もしくはアメリカ中から来たであろう長蛇の列。

b0034633_11346.jpg


どこに並ぶのか分からないでいたけど何とか最後尾にくっつく。
2時間程度並んで真新しい近代的な美術館に入場。

b0034633_18175.jpg


MoMAグランドオープンの記念すべきチケット。
宝物。

美術館めぐりではもうお約束になりつつある、
一番上の階から下ってこようということになってめいめい見てまわるのだけど‥。

とりあえず凄い所蔵品の数と質!
特に絵画だと、ピカソ、シャガール、モネ、マネ、ドガ。
そんなのがあったり前のように並んでて、資料で見た絵が目の前に普通にある状態。

お互い見たいところも少しずつ違うから、ほとんど自由行動(笑)。
美術館行くといつもそうだけど、それでいいんです。

MoMAの中でも一番見たかったのがアンディ・ウォホール。

b0034633_1171336.jpg


好きな画家の一人で、
アメリカのポップ・アートの父と呼ばれているらしい(‥知らなかったけど)。

他にもダリやらなんやら‥‥。
近代美術館の中だと群を抜いて素晴らしい。
『おぉ、あれ知ってる!これ見たことある!』の連続。

想像以上のMoMA、感動物でした。

その後は『SOHO』の方に少し買い物に。
かと言って特に何も買うわけでもなくぶらぶらしてチャイナタウン。
他にも見たいところがあって付き合せては地下鉄を間違い、道を間違い(苦笑)。

ホントごめんねぇ。
でも地下鉄から夜景が少し見えて綺麗でした。

帰りに街中で見たいものがあるということでミッドタウンに戻ると、
道の先になにやら明るくにぎやかな場所がある。

おっと、タイムズスクエアじゃなぁ~い。

b0034633_1325716.jpg


毎年カウントダウンの行われるとこで、凄い活気とネオン。
これぞNYって感じ。

その後は街をぶらぶらして帰還。
当然のように極めて深い眠りにつく。
MoMAの余韻を沁みこませる余裕もなく‥。

7.5 / 60.2
[PR]
by ko-kojien | 2004-11-27 01:47 | Traveling Note

Gotham City

19日。
New York上陸です。

朝もはよからバスでトロントに行って、そっからデトロイト。
デトロイトで乗り継ぎしてクイーンズにあるラガーディア空港へ。
飛行機の窓からマンハッタンや『自由の女神』が見えたときには興奮したなぁ。

ロンドンもそうだけど、どうやら都会が好きらしい(笑)。
ブルームバーグ市長が言うにはNYは『世界の首都』だそうで‥。

興奮しすぎて飛行機の中にガイドブックを忘れてきてしまい、
まずは買いに行かなくてはならなくなりました‥。

せっかくだからセントラルパークをダウンタウンの方に下って行こうということに。
まったく‥都会の中にあんなでっかい公園があるなんてそれだけでNYに住みたくなった。

6番街を下っていくとリトルブラジルがあって、そこに入ると見慣れた看板が‥。

b0034633_262190.jpg


おっとっと吉野家♪
そして紅しょうがのっけすぎ~。

そのあと本屋のそばにあったロックフェラーセンターを覗いてみる。
有名なクリスマスツリーはまだ点灯してなかったけどスケートリンクが素敵でした。

そのあとグッゲンハイム美術館へ。

b0034633_2161788.jpg


ぐるぐるカタツムリ~@
写真は後日撮ったやつだけど‥。
この建物そのものも美術品としてみるらしい。

たまたま金曜は格安料金で入れるらしい。
NYに着いていきなりなんてラッキーなんだ!

中は写真禁止だったけど、ピカソやらセザンヌやら‥。
日本にきたら大変だね。

8時に閉館だったので、セントラルパークを横断してホテルに。
移動の疲れと美術館の疲れであとは泥のように眠るだけ(苦笑)。

それにしてもなんとも刺激的な街、NY‥。

8.8 / 60.9
[PR]
by ko-kojien | 2004-11-26 02:29 | Traveling Note
ただいま。
無事日本に帰ってこれました。

カナダとニューヨークに行ってたんです。
今回も話題には事欠かない素晴らしい旅になりました。

記憶がはっきりしてる内にまずはカナダ編を留めとこう。

17日。
成田からデトロイトへ飛ぶ。

b0034633_0572890.jpg


デトロイトの空港にはシャトルが走ってました。
電車好きにはたまらない光景。

そっから乗り継ぎでカナダ・トロントへ。
トロントについてからバスでナイアガラ。

ナイアガラはあいにくの雨。
雨って言うか、滝が作るしぶきが濃霧になってる感じ。
その濃霧のせいでイルミネーションされてる滝はけぶって見えませんでした。

雨の中晩ご飯を求めて街を歩く。
街はことさら何もなく、夜は人通りも少ない。

見つけたレストランで結構豪勢な食事♪
でも量も質も値段に見合ったものでかなり満足。

18日。
ナイアガラ観光です。
天気はすこーん、って晴れじゃないけど雨じゃないだけまし。
何でこんなに曇ってるかと思ったら、滝が雲を作り出してるから!
まぁ、ビックリ!雲ができる瞬間を生まれて初めて見ることができました。

朝ご飯‥‥。
あまり触れない(苦笑)。

まず滝の上流にある堰を見る。
ナイアガラの滝は2つ。
アメリカ滝と、

b0034633_174532.jpg


カナダ滝。

b0034633_184074.jpg


特にカナダ滝の方に水量の90%が行くから滝は年々後退してるっていう調査結果。
もってあと1000年くらいだとかで、その侵食を少しでも遅らせるための堰だそうだ。
ナイアガラは70%の人がサービス業に従事してるらしく、街を守るためだね。

近くで見た滝は凄い迫力!
マイナスイオン浴びまくりです。

b0034633_1135395.jpg


滝の間近まで行ったり滝の後ろから見たり結構満喫。
滝のあと、今度は下流に向かって滝の流れでできたプールを見る。

午後はワイナリー巡り。
カナダは凍った葡萄から作る甘いワイン、
その名も『アイスワイン』が特産らしくその醸造もとへ。

b0034633_120680.jpg


ここでテイスティングをするんだそうだ。


b0034633_1201932.jpg


これが『アイスワイン』。
他にも白と赤を試飲したけど、
生まれて初めてワインが美味しいと感じた。

んでそのあとオンタリオ湖沿いの街を散策。
可愛い犬と、リスがいていいとこでした。

ホテルについてイルミネーションの滝を見に行く。
滝が作り出す濃霧はいまだに健在だけど、そこを抜けると‥

b0034633_1531018.jpg



b0034633_154172.jpg


ま~、幻想的な光景。
服が濡れても見る価値はあったかも。

そして戦いはここから(笑)!

なんとナイアガラの街にはカジノがあったりする。
当初あまり乗り気ではなかったけど、そこはノリで何とかなる。

それが旅の面白さでもある。

前の晩も来ていたのだが今日は人間相手に勝負だぜ!
そこで心をとらえて離さなかったのが『大小』というゲーム。
3つのさいころを転がして10以下なら『小』、11以上なら『大』。

『深夜特急』の作者、沢木耕太郎も香港で浸かったこの『大小』。
まさかカナダで出会うとはね(笑)。

その常習性は本で読んで知ってたし、
当初から掛け値は10$と決めていたから勝っても負けても‥と思ってたら。

二人してその元値が跳ね上がって50$以上の大もうけ!
区切りを決めていたからそこですっぱり止めてうはうはな二人。
でも正直まだまだやりたい気持ちがどこかにあってそれを必死になだめていたり。

『博打は怖い。』
変な教訓を身をもって感じてカナダ最後の夜を過ごしました。

6.6 / 60.4
[PR]
by ko-kojien | 2004-11-25 01:57 | Traveling Note

Made in Manhattan


b0034633_2237762.jpg



b0034633_2237517.jpg



b0034633_22384642.jpg


夜景3連チャン。

ねむっ‥‥。
[PR]
by ko-kojien | 2004-11-24 22:39 | Traveling Note

New York, New York

New York, New York

Start spreading the news, I'm leaving today
I want to be a part of it - New York, New York
These vagabond shoes, are longing to stray
Right through the very heart of it - New York, New York

I wanna wake up in a city, that doesn't sleep
And find I'm king of the hill - top of the heap

These little town blues, are melting away
I'll make a brand new start of it - in old New York
If I can make it there, I'll make it anywhere
It's up to you - New York, New York

New York, New York
I want to wake up in a city, that never sleeps
And find I'm a number one top of the list, king of the hill
A number one

These little town blues, are melting away
I'm gonna make a brand new start of it - in old New York
And if I can make it there, I'm gonna make it anywhere

It up to you - New York New York

New York~♪

『ちゃっちゃ、ちゃ~らら~ら♪ちゃっちゃ、ちゃ~らら~ら♪』
で始まるFRANK SINATRAの名曲、『New York, New York』。

Jumpとの最後の旅行先は、
City of Skyscraper、New Yorkになりました。
NiagaraFallsもみてくるし、いつになくactiveですな!
(出発前にグラデーションで遊ぶなんて‥)

最後かぁ、めいっぱい楽しんできます☆
[PR]
by ko-kojien | 2004-11-17 01:40 | Traveling Note

それぞれの『21g』

b0034633_036352.jpg

久しぶりになかなか面白い映画を観た。
前々から友達から面白いよ、とは言われてたんだけど。

好んで観る映画はどうしても人間ドラマになるから、
『ふ~ん』っていうのも多いし、自分が好きでも他の人は嫌いとかはしょっちゅう。
それでもそっち系ばっかり見てしまうのは、人との関わりに興味があるからなんだろう。

あんま面白くないと思う映画でも、
やっぱり人間相関図は良くできてるし何かを感じ取ることはできる。

この『21g』は久しぶりに考えさせられる映画だった。
人が死ぬ時に失う重さ、それが『21g』らしいんだけど、
その重さの意味はなんなのか‥かなり哲学的な作品でしょ(苦笑)。

構成は前に見た『メメント』にちょっと似てた気がする。
時間軸が結構ごっちゃになってるけど、最後に1本に繋がる感じが‥。

ショーン・ペン、ナオミ・ワッツ、ベニチオ・デル・トロ。
結構そうそうたる俳優陣が演じてたりするしそれだけでも見物かも。

ベニチオ・デル・トロにいたっては、
『目で妊娠させる男』って称号が与えられたとか(笑)。
本人も気に入ったらしいけど日本人はキャッチコピーつけるのが好きだねぇ。


興味を持ったらぜひとも観てみてください。

7.6 / 60.7
[PR]
by ko-kojien | 2004-11-17 01:14 | Music , Movie & Art

その名に負けない

自分の名前に入ってる字が、
時たま疎ましく思うときがある。

それは『幸せ』だと感じることができない時。

でもそれは生きていれば当然感じる瞬間。

逆に自分の名前に入ってる字を、
物凄くありがたく思うときがある。

それは『幸せ』だと感じることができる時。

それもまた生きていれば当然感じることができる瞬間。

今日はその『幸せ』な瞬間を、色んな人に味わわせてもらった。

メールをくれた人もそうだし、楽しい晩餐を用意してくれた人もそう。
この言葉で感動がどのくらい伝わるか分かんないけど(笑)、

ほんとにありがと~!

ちなみに11月15日生まれは『蠍座』にあたります。
『射手座』にいつも心臓を狙われてるという噂あり。
射手座の皆さん、やめて下さい。

ほいで『蠍座』と言えば『蠍座の女』。
『蠍座の女』と言えば‥そう『美川憲一』。
神田うのに『けんちゃぁ~ん!』って呼ばれてるあれね(笑)。

今日どんなめぐり合わせかしらないけど、
とあるショップでばったり遭遇してしまったのです。

声がそのまんま、格好もそのまんま。
Specialな日に何も『けんちゃぁ~ん』に会わせてくれなくても‥。

何にしろ記憶に残る一日になりました。

8.5 / 61.0
[PR]
by ko-kojien | 2004-11-16 01:09 | My Thought

終わりと始まり

日曜日。
21が終わる日。

月曜日。
22が始まる日。

何かが変わる?
いや、きっと何も変わらない。
一日では気分的なものしか変わらない。

年が1個重なると何が変わるんだろう。

まず今までからかえていたものがからかえなくなる。
今度はからかわれる番だ。

もっと重要なのが、周りを見る目かも知れない。

時間への認識や社会での立場。
自分を取り巻くものとの関係を十分気にしないといけなくなる。

20代も2年目になってやっと『責任』という言葉を意識してきた気がする。

自分の新しい年が始まるたびに、それなりに目標を立ててきた。
21になった時は『謙虚に‥』がテーマだった(笑)。

これが果たしてどこまで達成されたかは分からない。
(今度誰かに聞いてみよっと♪‥‥良い答えが期待できねー!)

今年のテーマはなんにしようか?

実はもう決めていたりして(笑)。

『Am I a part of the cure?
Or am I part of the disease?』

これで行こうと思います。
『Cold Play』の『Clocks』という歌の歌詞から選びました。
(おぼろげに聞き取っただけだから合ってるかは分からないけど‥。)

色んな人に自分がどっちの役目を果たしてるのか見極めて、
改善なり、自分を高めるなりしていきたいという想いからこうなったの。

去年の発展型といえばそれまでだけど22をしっかり過ごそうと思って。

これからは何が待ち受けてるのかな。
そして来年はどんなテーマになるのかな。

新しい年、頑張っていきます。

最後に21最後の日を最高に楽しい1日にしてくれた、
Jump・もっつ・なぎ、ほんとにありがとう!
ってか、ヤツのしっぺは規格外だから(笑)。

8.3 / 61.2
[PR]
by ko-kojien | 2004-11-15 01:53 | My Thought