One Day I'll Fly Away


by ko-kojien
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フラッときた

生まれてこの方1年に1回は必ず風邪をひく。
年と言うか考えてみると年度制のような気もするが、
これは身体にプログラムされているのだから仕方ない。

振れ幅が大きいと大病チックなものに見舞われるが、
その周期は依然として知らない。

一昨年(度)は急性腸炎になったが、去年(度)は普通の風邪だった。

所がどっこい社会人になった今年(度)、
まだそれらしきものを3月になっても迎えていなかった。

おっと、これはおかしいぞ。
身体があらゆる菌をうけつけなくなったか。

はは、社会人になってまでそうそう体調崩してられるかっ!
風邪くらいで会社休むような身体にした覚えはない。

そう思ってました。

遂にプログラムコンポーネントで昨年を上回りました!

そんな気分でした。

そしてインフルエンザになりました。
今年流行のB型ではなくA型。
僕の血液型と一緒だね。

会社だって4日間休みました。
自己新記録の39.4度。
世界が回ってた。

タミフルを飲まなくてもインフルエンザは色々なものが見える。
僕もずっと誰かとしゃべっていたような気がする。

こういう時1人暮らしは厳しいものだと思われますが、
ご想像通りとても大変です。

汗かいた布団を自力で代えたり、
また同様に衣類の洗濯もしなければならない。

ただし、今いる寮の同期や先輩が、
物品を調達してきてくれたのはありがたかった。
同じ課の先輩は何故か毎日バナナを買ってきてくれた。

そんなにバナナ好きだと思われているのだろうか。

"バナーヌ食べたか??"
と聞かれて"3食に分けて食べました。"と言うと、
その人はとても満足そうに"ふふふ、ばな~ぬ"といって喜んでいた。

とても良いことをした気になった。

まぁ経験的に1年に1回風邪をひくと後は健康そのもの。
1回で済むのだから通過儀礼みたいなものか。

ただ、これから毎年インフルエンザの予防接種は受けようと思った。
罹った時の苦しみと余計な出費を考えると安いものだ。

弱った心身を癒すために映画を観た。
去年の映画なんだけど、知ってる人はいるかなぁ。

"フラガール"って映画なんだけども。

この間実家に帰省した時、
両親が2人して映画を観に行ったという話を聞いた。

それを聞いて僕はとても良いことだと思った反面、
何を観たんだろうとも思った。

彼らは"フラガール"を観に行ったらしい。
‥やっぱりなと思った。

母親の話を聞くとこういうことらしい。

父は観に行くことにしたものの、
なんやかんや言ってたらしい。(目に浮かぶようだ)

そして映画が宴も酣になりつつあり、
周囲もズスズス涙ぐみ始めた。

約2時間の上映が終了。
隣の父を見ると‥ズスズスしてる!

あぁ‥目に浮かぶようだ。

息子であるところの僕は知っている。
親父は結構涙腺が緩い‥はずだ。
年を重ねればなおのことだろう。

"フランダースの犬"などみたら死んでしまうのではないか。

ズスズスまでは行かなかったけれど、
観終わった後何やら暖まる映画だと思いました。

今年の春は何回涙を流すのだろう。
出会いと別れの季節がやってまいりました。
[PR]
by ko-kojien | 2007-03-25 00:42 | My Thought