One Day I'll Fly Away


by ko-kojien
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ふくしまが好き

過日、大型連休を利用して実家に帰った。

震災以来初の帰省。

震災後1ヶ月間はまず、
携帯から実家方面に連絡がつながらないことに怒り、
訳のわかんない説明をする会社に怒り、
おさまらない余震に怒り、
怒り心頭に発するかいなかの瀬戸際だったけれど、
実害を受けている方々の身になれば、
怒ったところでなすべきこともなく、ただ静観を余儀なくされていた。

震災1ヶ月以降は、
実家に関して言えばひと段落着いたと報告を受け、
ちょっと安心していた。

して、今回の帰省。

2つ目の項目が全く見当違いだったことを思い知った。

まず、東京から実家に帰る沿線。
茨城から福島にかけて、
沿線の両側のほぼ全家屋の屋根が修理中である。

もちろん、線路自体も相当なダメージを受けており、
ところどころは徐行運転。

普段全く気にもしないけれど、
線路が何百kmも続いているのは、本当に凄いことだ。
平素気付かないそのありがたみを実感する。

そして、余震。

震源から遠いと、伝わる揺れに時差が生じる。
と高校の時、地学で習ったまさにそれである。

東京で感じる余震はまず、P波が到達して、
次にS波が到達するのでゆれ方が2パターンある。

ただ、実家方面は、それが直下型なものだから、
P波とS波が一気に来る。

となるとどうなるかというと、
凄いシェイキングな訳です。

そして、1番怖いものが音。
地中の奥底から「グ…ゴゴォーーーーーーーーーー…」
という音がする。
誇張はしていない。

実家に帰省して部屋で寛いでいたところ、
上記音がしたと思うと、
隣の部屋にいた親父がピョコッと顔出し、
「来るぞ。」と一言残して去っていったと思ったら、
その後感じる凄いシェイキング。

両親にいたっては、震度4以下の地震は地震ではない。
という訳のわかんない言葉を吐き出す始末で、
あぁ、この人たちは、
常人のレベルを遥かに超えたところで生活していたんだなと、
つくづく思って居た堪れなくなった。


通常と同じ生活ができるのが、
いかに幸せか気付かないものだ。

こういう未曾有の大惨事があって初めて気付くこともある。

僕は今回の地震で、実家のある福島を、
殊の外、愛していたことに気付かされた。


正直、中学・高校時代を過ごしたかの地に、
別段愛着もなくどちらかと言うと倦厭していた。

高校卒業後に東京に戻ることになって、
心から喜んだ。

言葉も訛っているし、
中高の6年間で自分にもその訛りがうつりつつあることに、
嫌悪感を抱いたこともある。

両親と親戚がいるから年に何回かは帰るけど、
本当にただ、それだけの土地だった。

歳をとるごとにそういうキシキシした感覚は薄れたけど、
特段福島県に対する愛着はなかった。

そこにこの大震災。
そして、1つの歌が決定的に何かを呼び覚ましてくれた。


今回のGWに少し早く帰省した親友から、
ある歌を聴いたら頭から離れられなくなるよ。
と言われていた。

結局実家にいる時には耳にしなかったのだけれど、
東京に戻ってから聴くことができた。

不思議なことに何回聴いても涙が出る。
もう、パブロフの犬状態。

こんなに自分の中の何かを抉り取られるような歌は、
そうそうないと思うけど、この曲がまさにそれだった。


それは、きっと僕の血の半分が福島県産のものだから。
それを誇りに思うときが来たのだと思う。

福島県は、浜通り・中通り・会津の3地域から成り立っています。
僕の実家は浜通りにあります。
原発も浜通りにあります。

実家と原発の距離は50kmくらいです。
両親は頑張って生きています。
津波は幸い届きませんでした。

ばぁちゃんは90歳過ぎて、それでも元気です。
会いに行くと「あんた誰だっけ?」とワンパンチ入れてきます。
同じ話を何度もします。
それでもまだ元気です。

野馬追いという伝統芸能があります。
赤べこという民芸細工があります。
白虎隊悲劇の鶴ヶ城があります。

みんな知らないでしょう。

それでもいいんです。

頑張れ福島。
俺の故郷です。

[PR]
by ko-kojien | 2011-05-11 23:03 | My Thought