One Day I'll Fly Away


by ko-kojien
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

職業病

漫画家の先生が腰痛になるように、
料理人が常に爪を短く切るように、
僕の属する業態にも職業病が存在する。

たとえば本屋で雑誌・その他書物をおもむろに手に取る。

するとどうだろう。

十中八九、これどこのですかい、と確認してしまう。

あぁ、これうちですか、OK、ナイス。
んだよー、×××かよー。

と、別に買う買わないは別としてやってしまうのだよなぁ。

もしくは、雑誌もしくはポスターを見て、
あぁこれ金かかってんなーと算段してしまう。

現場嫌がるだろう、これは。

とかね。

まったく浅ましきことこの上ない。
まったく嫌になってしまう、あぁ、嫌だ。

早くこんなことを気にせず、
楽しく生きていきたい。

と悲観してばかりいられない。

よし、明日からはこんな世の中のあら探しはやめるぞ!
僕の人生はもう輝く光に満ちあふれている!

と思った矢先、コレ。

b0034633_228823.jpg










あったか~い朝のオレ

凄い違和感なのである。

あったか~い朝のオレ

だけど夜になったら、ちょっと違うぜ…。
男はオオカミだぜ、なんせオレはBOSSだぜ。
ってそういうこと?

頭では分かってはいるのだ。
つっこむ必要がないところだと言うことは。

オレ=au lait 【フランス語】
英語で言うところのwith milkといったとこだろうか。

だったらせめて!
【・】を『オ』と『レ』の間に入れてやってくんさい。

あったか~い朝のオ・レ

これだったらもうばっちり。

げんき~な朝のオレ
いつもとちが~う朝のオレ

どんなオレがお好み?

今年もよろしくお願いします、こんなオレ
[PR]
by ko-kojien | 2009-01-01 22:27 | Essay